現在大学4年生の小僧が60'から最近までのロックなどを駄文で徒然と・・・ 気が向いたら映画とかもね!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は音楽の話ではありません。世の中にはこんな人もいる、と言う事を知らせる目的で書きました。

僕は花が大嫌いです。物心ついた時からそうでした。
見た目、匂い、絵だろうが柄だろうが、'花'というものに生理的嫌悪感を抱いています。

特に食事中に花の事を考えただけでも吐き気がしてきます。舌がピリピリして気持ち悪くなります。
レストランとか、食堂に花が飾ってあると、即Uターンします。
子供の時は自分一人だけ帰る訳にはいかないので、吐き気をこらえて食事しました。

とにかく花が嫌いです。特に細かい花が嫌いです。
ヒマワリとかアジサイとかはマシな方なんですけども、スズランとか、細かい花はもう・・・・
大変気持ち悪い。オエーです。
あと、乾燥した花は尚更気持ち悪いです。
子供の頃、小さい乾燥した花を指で潰してしまった事があって、泣きながら何度も指を洗った思い出
があります。指が汚れた、指が汚れた。そんな思いでいっぱいでした。

今、この文章を考えているだけで気持ち悪くなってきました。オエーです。
英語で'anthophobia'と言う言葉があります。意味は「花恐怖症」です。
僕の場合、花に対して恐怖と言うよりは嫌悪感を抱いているんですが、
僕以外にも花が嫌いな人がいる、と言うだけで少し安心します。

こんな訳ですから、例えば、ストラングラーズの'No more heroes'だとか、
ポール・マッカートニーの'Flowers in the dirt'のような花がジャケットに写っている
アルバムを家に置いておきたくないのです。両方とも大好きなミュージシャンですし、
アルバムも傑作だと思いますが、なんでこんな気持ちの悪いジャケットなんだと
恨みのような念が心の底からわいてきます。仕方がないので、レンタルで借りてきて、
中身をipodに移して聴いています。

あー嫌だ。

他にも僕は、結んであるリボンにも嫌悪感を抱いています。
幼稚園の頃、お弁当の時間に、隣の子のお弁当袋にリボンが縫い付けられているのを見て、
気持ち悪くなってお弁当が食べられず大泣きした事があります。
リボンも花と同じで、細かくて小さいほど気持ち悪いです。
女子高生が胸に付けてるような制服のリボンも気持ち悪いです。
胸にウジ虫をくっつけてるような感覚です。

ですから、リボンで結ばれた花束なんて、僕にとって地球上でもっとも気持ちの悪い
存在です。

あー気持ち悪い!花!リボン!消えてしまえ!
ルー・リード死去の報を知って以来、じわじわと悲しみが込みあがって来ています。

これから起こるであろう数々のベテラン・ロック・スターの死の連続に耐える自信が無いです。
スザンナは生きてるし、僕も生きてます。今忙しいっす。嘘っす。



カバーかくあるべし。と言ったような素晴らしい出来栄え。
生きてます。ロック聴きまくってます。


可愛い声にギリギリの歌詞。


最近スクイーズに狂ってます。作曲の上手さに舌を巻くばかりです。本当に上手い。


最近のバンドも聴くんだよ。おじさんは。ニューアルバム楽しみッス。



今の望みは、ポールの来日公演のチケットに当選することと、卒論を書き終える事であります。
後日きちんと更新いたします。
こんにちは。花粉症ではないコモです。
でも、ほこりやハウスダストのアレルギーを持っているので、常に鼻水を垂らしています。

今日ご紹介するのは、シュールなコント集団では無い方のCity Boyの1978年発表の
"Book Early"であります。

city

彼らの音楽性を一言で言い表すならば、「ハードロック化した10CC+Beatles」ってとこでしょうか。
もっと簡単に言い表すとすれば、「70年代のポップなの」

ハッキリクッキリしたリズムに、ツボを押さえたメロディーとコーラスが乗っかってます。

クイーンライクなコーラスあり、スリリングなギタープレイあり、ビートルズっぽいミドルテンポ
の曲あり、ELOチックなストリングスありと、多彩な曲調、多彩なメロディー、
本当に素晴らしいアルバムです。

僕は本当にこのアルバムが大好きで、始めて聴いたその日から、何度も何度も今にいたるまで
しゃぶりつくす様に聴いています。このアルバムを聴いている時に、退屈な瞬間は、
1秒、いや、0コンマ1秒たりともありません!

僕が夜泣きをした時にこのアルバムを流せば、きっと僕は1発で泣きやむでしょうね。

いい曲だらけのこのアルバムですが、特に僕が好んでいる曲で、僕の葬式のBGMとしてかけて
欲しいくらいの曲が、10曲目の"Moving In Circles"です。

ノリの良いロックンロールから一転、ストリングスと共に美しく、かつ力強いメロディー
に変わる、この展開がもう、ゾクゾクしてたまらんのです。
1:37からの早口コーラスにも、毎回ゾクゾクしてしまいます。

10CCとかパイロットとか、その辺りが好きな人には熱烈にこのアルバムをオススメいたします。




これが隠れた名曲"Moving In Circles"だ!



ハード・ポップ!



60'っぽいメロディーが素敵。コーラスもいい感じだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。