現在大学4年生の小僧が60'から最近までのロックなどを駄文で徒然と・・・ 気が向いたら映画とかもね!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 チョコレートのM&Mがキャラクターの人気投票をやっているのだが、いかがだろうか。
考えてみていただきたい。このキャラクターと言う事になっている色とりどりのチョコ玉ども。
こいつらのアニメとか漫画がやっているならまだ解るが、突然このチョコ玉達に順位を付けろと言われても、
我々は戸惑うばかりである。味の違いも無い、このチョコ玉共に。

"人は見た目が十割"と言うように見た目で判断するしかないのだろうか。イラストを見る限り、

は時折ジョークをとばしながら正義を為す主人公タイプか。
必殺技は自分の体内からチョコを飛ばす、その名も"チョコ飛ばし"だ。

はその色と細長さから判断するに、ニヒルな2枚目キャラ。
でも最終回から2話前くらいにニューヨーク上空でロケットもろとも自爆したりするんだこれが。

は、常にオドオドしている臆病者。"クレヨンしんちゃん"のマサオくんや
"スーパーボンバーマン4コマ"のあおボン。でも結婚は他のチョコ玉を差し置いて一番速そう。

黄色は看板を逆さに持っているのでクレイジーキャラ。左右柄の違う靴下を履いている。
しかし科学知識はピカ一。でも自分の創作言語で喋るのでその知識も役に立たない。

は見ての通りガールだ。その長い手足から繰り出されるパンチやキックが強力だ。
32話で実は"こぶ付き"である事が判明するが、今のところはヒミツ。

よくよく考えてみればなかなか個性的な面々ではないだろうか。
限られた情報をフルに活用して公正な投票を心がけたいものである。(終)


なーんてウソウソ 今日はこちら。

安

"チープトリック"の2ndアルバム、"In Colors"です。

私の生まれるずっと前に日本の若きおなごを魅了したというチープトリック。
ふだん洋楽を聞かない女子にも受けてたのでしょうか。休み時間に教室で
「サザーン・ガールズってちょっとビーチボーイズの"英雄と悪漢"入ってるよねー」
とか
「カリフォルニア・マンの原曲聞いてみたらムーヴにもハマっちゃた~」
とか女子の間で会話されたのでしょうか。だとしたら最高ですね。


1.Hello There
アルバムの初っ端からぶちかます1:39の嵐のロックンロール。
いきなり最高速度で県道疾走。そんな感じだ。(どんなだ)
ストーンズの"She Said Yeah"に匹敵する最高のオープナーですね。

2.Big Eyes
1曲目から間髪いれずに始まるポップ&ヘヴィーチューン。
大胆不敵なこのギターリフ!いいですね!ダークな響きです。
でもメロディーは覚えやすい!ビッグア~イズ!ヘヴィーだけどポップ!
ポップだからこそヘヴィー!まさにお汁粉に塩!
最後の、(ヴォーカル)ビッグア~イズ (ドラム)ドンドン! (ギター)ダラララララ ダラララララ!
の所が最高にカッコいい。

3.Downed
バッチリ決まったヴォーカル、コーラス!
そしてメロディー!どことなく懐かしさを感じるメロディーですね。
完成されつくしてます。外でノリノリで聞くもよし、家でヘッドホンして腕組んで聞いてもよし!
1:43からのハードなギターもいいですね。曲の途中で少し感じを変えてこういう事をするのは
大変効果的だと思います。(何様だ)これを"お汁粉に塩"効果と私は呼んでます。

4.I Want You To Want Me
邦題通り、甘いヴォーカルで愛らしいメロディを歌っていますよ!
ハードなシャウトをするかと思えば思いっきり甘~く歌ったりもする、ロビン・ザンダー、
素晴らしいと思います。一回聞けば頭の中でメロディーがずっと流れ続けますよ!
ディンナイディンナイ シーユークライン! うおー俺の頭からでてけー!

5.You're All Talk
前曲から一変、ハードな曲です。ヴォーカルももちろんハードに。
その姿はさながら"Why Don't We Do It In The Road?"の後に"I Will"を歌うポールのようだ!(逆じゃねーか)
ハードだったり、甘かったり、その中間だったり、多様性があって何度聞いても飽きないですね!
このアルバムは!

6.Oh Caroline
まず冒頭のギターに悶絶。その後のメロディーにも悶絶。サビからのギターにまた悶絶。
力強くもあり、なよなよしているようでもあるメロディー。
サビからのギターはなんとなく"男泣き"って感じがします。

7.Clock Strikes Ten
こういうネオ・ロックンロールみたいな曲は私の大好物です。
ちょっとコミカルなコーラスもキマってる。学校のチャイムってどの国も一緒なんですかね?
一番最初にこのチャイムを考えた人って誰なんでしょう。アメリカの用務員が戯れに叩いたのが
ずっと後世に伝わっているんだとしたら面白いですね。

8.Southern Girls
なんだか不思議な雰囲気の曲。音数が少なめだからそう感じるんでしょう。
実際、この曲のギターはちょっと不気味な感じがします。ジャ~ンて弾いてエコーを残してて。
でもメロディーは超ポップなんですよね。ちょっと無機質な演奏と組み合わさってなんとも不思議な
感じです。"お汁粉に塩"ですね。
あと2:39からのメロディーはビーチボーイズの"英雄と悪漢"を意識してると思います。
あんたも好きねぇ~って事で。

9.Come On Come On
ちょっとどうですか奥さん、この胸をかきむしる様なメロディーは!
初期ビートルズのようなピュアなポップネスが大爆発ですよ!手拍子まで入れちゃって!
大学受験中、勉強に疲れてベランダで夕陽を浴びながらこの曲で踊った思い出が蘇ります。

10.So Good To See You
ちょっと聞いてください。ちょい甘めで始まったと思ったらそれは2小節くらいで終り、
次に2小節ほどロックンロール風になり、またちょい甘めに戻っています。
始めて聞いた時に、僕は"上手いなぁ・・・"と大変感心しました。
けっこうメロディーがあっちゃこっちゃ行ってるのに不自然さは全くありません。
本当によくできた曲だと思います。聞いていて色々な感情が湧いてくるのです。
↓の曲もこの曲のように甘いパートとロックンロールの力強いパートが合わさっていて、
感情が揺さぶられます。


アイドルレースです。






キレイなコーラス!






オ~キャ~ロライン・・・




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubakuranosato.blog114.fc2.com/tb.php/70-fbcd1aad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。