現在大学4年生の小僧が60'から最近までのロックなどを駄文で徒然と・・・ 気が向いたら映画とかもね!

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いや~レポートってのは本当にメンドイものですね。自分の興味がある事ならまだしも、限られた題材のなかから選んで4000字書けってのはかなりの無茶ブリ・ダヴィットソンてなもんですよ!(特に意味なし)


正直いってあんまりPCをいじれない状況ですが、音楽はモリモリ聞いています。今日はサッとバーズの4thアルバム、"昨日よりも若く"をご紹介したいと思います。何故バーズか、と問われますと、さっきまで聞いていたからと答えましょう。(もったいぶった書き方)

bazu
おや?メンバー増えた?と思ったら幽体離脱!
 
bazumato

ジャケとレコードのマトです。ジャケだけ棚の後ろに落としてしまったのでamazonから引っ張ってきました。たいそう重~い棚なので救出するのはチリ鉱山より難しそうです。



中身は、と言いますとサイケデリック・エラ(ワ!かっこいい)に発表した作品ですので、逆回転ギターや不穏な旋律などがバーズ流に処理され使用されています。長さも丁度いいし、愛聴しています。

クリス・ヒルマンのベースについても触れておきます。
そもそも1stアルバムの頃からバーズは当時(1965)のロックとしては珍しく、ベースの音が大きめにミックスされており、非常に気持ち良くうなっていました。
さらにこのアルバムでは曲を提供するは、ベースは全曲に渡って益々唸るはで、あまり陽のあたる事のない彼ですが、私は"天晴れ!"と拍手を惜しまないつもりです。例えば1曲目の上がったり下がったりするベースがサイケデリックな雰囲気を醸し出していてグッド!です




最後のコーラスがまるで人間ではなく、機械が発しているような素晴らしいコーラスです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tubakuranosato.blog114.fc2.com/tb.php/37-336dbdfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。