現在大学4年生の小僧が60'から最近までのロックなどを駄文で徒然と・・・ 気が向いたら映画とかもね!

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まだ正月気分が抜けません。こんばんは。

 正月って短いですよね。学校もはじまったってのに、私の正月を想う気持ちは"永遠の愛の炎"(byチープトリック)のように
燃え盛っています。元旦に"明けましておめでとう"、翌日に"明けてから1日たっておめでとう"、また次の日に"明けてから2日たっておめでとう"・・・てな具合に挨拶すれば毎日正月気分が味わえるんじゃないでしょうか!芸能人も毎日着物着てTVでればいいじゃない!おモチ食べたーい!(食べろよ)タコあげたーい!(あげろよ!)大学休みたーい!!(それはだめだ)

てなわけでこちら、

asahi

知ってる人は知っている、The Aerovonsです。1969年に2枚シングルを出し、アビーロードでこのアルバムを録音したのですが、最近になってCD化されるまでお蔵入りになっていたそうです。

全ての曲を書いているのは、トム・ハートマン。若干17才の時に母親のお金でバンド仲間と一緒に渡英。トムが大好きなビートルズに会うためにアビーロードスタジオに行って、ビートルズが録音している所を見学したり、ジョージ・ハリスンとお話したり、アルバムを録音したりしたそうです。
なぜ録音したのにお蔵入りになったのか等、細かい事は英語で書かれているので割愛します。
まあ、曲紹介へどうぞ。

(ライナーノーツに載っている、トムがこの当時の事を思い返した言葉が泣かせます)
"ヒットするかもしれなかったレコードを作った事よりも、ビートルズ会ったことの方がとても大事な事でした。
時がたてば、ヒットレコードは歴史になるだろうし、その利益はほとんど消えちゃうけど、最も有名なグループと会った思い出は、ロックの歴史の中で僕と一緒に永遠に生き続けるでしょう。
ジョージ・ハリスンが階段を降りてきて僕らの前に立った時の興奮や、ポールと酒場にいった素晴らしい夜や、彼らが"ヤー・ブルース"を演奏しているのを見学したときの興奮は決して忘れません。
僕の母親は僕に本当に素晴らしい夢を見せてくれました・・・"

語り継ぎましょう!トム・ハートマン伝説を!


1.World Of You
英国らしい湿り気に満ち満ちた曲。アビーロード録音だからなのか、やたらに音質がいいです。
ジェフ・エメリックやアラン・パーソンズがエンジニアを担当しているのでストリングスがビートルズっぽいです。歌謡曲然としたストリングスではなく、クラシカルな。格調高きサイケ・ポップです。

2.Resurrection
ビートルズが使用していたメロトロンがフューチャーされたこの曲、ビートルズの"アクロス・ザ・ユニヴァース"に展開、メロディーがそっくりです。上杉達也と和也くらい似ています。
似ているからといって駄目な曲かと言うと、答えは"No!"です。
"アクロス・ザ・ユニヴァース"がタイトルの通り宇宙的な浮遊感を持つ曲だとすれば、
"Resurrection"はダウン・トゥ・ジ・アース、土臭いという意味ではなく、"森の中で木の葉の隙間から洩れる太陽の光を浴びながら悟りを得た"といったところか。実際、私はこの曲を聴いてアルバム購入を決意したのですから。

3.Say Georgia
またビートルズチューンにそっくりソング。"Oh! Darling"に達也と和也くらい似ています。
って事は10CCの"Donna"にも似ている、と言う事です(蛇足)
トムさんによると、"意図的にoh! Darlingに似せた訳じゃないよ。実際この2曲は異なった印象を与えるよ"
とのことですが、冒頭のメロディーは完全に一致してます。が、・・・・いいんだなこれが!
"oh! Darling"よりもテンポが速くてサビの部分のドラムが非常に気持ちいいです。とりあえずこの曲を聴いているときは"oh! Darling"の事は忘れて、純粋に感動致しましょう。

4.With Her
海とカモメとアコギとポール的ボーカル&メロディ・・・
トムの声はポールに大変似ていると思います。まだビートルズを聴き始めて浅い人をだませるくらいに。
さざ波とカモメの音がところどころに挿入されていて、どこかの海岸できらめく水面を見つめながらこの曲を聴いている・・・そんな気分にさせてくれます。

5.Quotes and Photos
ちょっとだけブルージーでしっとりとした曲。本当にボーカルとメロディーがいい・・・・ギターがフューチャーされていて、またそのギターが湿っぽい泣きギターなので感傷的になってしまします。

6.Words From A Song
またまたさざ波とカモメの音が!どうして海の音を聴くとたまらなく懐かしい気持ちになるのでしょうか?
生物は海から誕生したので、私の体の中のミトコンドリアが何100億年とさかのぼってホームシックをおこして懐かしい気持ちになるのでしょうか?
フォー・フレッシュマンとビーチボーイズのハーモニーを意識したというこの曲、ゆったりしたメロディーを優しく包み込むかのようなハーモニーで歌い、さざ波とメロトロンがそっとよりそって・・・天にも昇るような気持ちです!
「逝ってもいい・・・」
"ハモネプ"とかに出ている高校生諸君!本当の"ハモり"とはこういう事だ!ボイスパーカッション!?汚ねえんだよ!(すいません関係ない話になりました。でも汚ねえんだよ!)

7.Bessy Goodheart
sgtペッパーズを想わせる歓声から流れるようなメロディー!これを聴いて悶絶しない60’ポップ好きがいるんでしょうか?いやいない!(反語)
タイトルの"Bessy Goodheart"は人名でしょうか?私は人名タイトルの曲は名曲ばかりの法則を信じています。例えば、ピンク・フロイドの"アーノルド・レーン"、キンクスの"ローラ"や"ポリー"や"ジョニーサンダー"や"モニカ"や
マンフレッド・マンの"Semi-detached surburban Mr.James"等々・・・60年代の曲に多いですね。人名タイトルが流行っていたのでしょう。

8.Something Of Yours
どこかやるせない雰囲気をもつ曲。本当にポールが作りそうな曲です。
間奏のオルガンが少し不穏な響きですね。午後のまどろみ。

9.She's Not Dead
夢の60'ポップソング。60年代好きの痒いところを一気に「ボリィ!」とかきむしってくれる、そんな曲です。(伝わりにくい)
間奏のオルガンの音色がお洒落ですね。ベースは跳ねてるし、ドラムは気持ちよくビシビシ叩いてくれています。

10.The Years
この!メロディーの堂々巡り感が!ポールっぽい!本当に初心者ならだませますよ!「ビートルズの曲だよ」って!短いですが非常に印象に残る曲です。

11.Evrything's Alrght
シングルに成り損ねた曲。成り損ねただけあってキャッチーでヒット性抜群!
実にのびのびとにメロディーが展開していて、ポールばりにメロディアスなベースも気持ちいい。終わったかと思ったらラララ~とコーラスが続く展開も秀逸。

12.The Children
子供達の楽しそうな声が合間にコラージュされていてすこしサイケデリックな感覚をもつ曲。
曲調が3つ程あってそれが交互交互にでてきます。ゆったりとして浮遊感のあるパート。ノリのいいピアノが跳ねるパート、そして"A Day In The Life"の中間部のようなシャラララ~と不安をあおるようなコーラスパート。
最後の曲と言うだけあって大作です。曲の最後は不穏なシャラララ~コーラスで終わっていく。これだけの曲達を録音したのに発表されなかったメンバーの失望感がこのコーラスにこめられているのかもしれませんね。



以上12曲、なぜお蔵入りになっていたのか解らない程のハイ・クオリィティ。トータル性もあって、これからも末長くお付き合いしていきたいアルバムです!



スポンサーサイト
 いや~レポートってのは本当にメンドイものですね。自分の興味がある事ならまだしも、限られた題材のなかから選んで4000字書けってのはかなりの無茶ブリ・ダヴィットソンてなもんですよ!(特に意味なし)


正直いってあんまりPCをいじれない状況ですが、音楽はモリモリ聞いています。今日はサッとバーズの4thアルバム、"昨日よりも若く"をご紹介したいと思います。何故バーズか、と問われますと、さっきまで聞いていたからと答えましょう。(もったいぶった書き方)

bazu
おや?メンバー増えた?と思ったら幽体離脱!
 
bazumato

ジャケとレコードのマトです。ジャケだけ棚の後ろに落としてしまったのでamazonから引っ張ってきました。たいそう重~い棚なので救出するのはチリ鉱山より難しそうです。



中身は、と言いますとサイケデリック・エラ(ワ!かっこいい)に発表した作品ですので、逆回転ギターや不穏な旋律などがバーズ流に処理され使用されています。長さも丁度いいし、愛聴しています。

クリス・ヒルマンのベースについても触れておきます。
そもそも1stアルバムの頃からバーズは当時(1965)のロックとしては珍しく、ベースの音が大きめにミックスされており、非常に気持ち良くうなっていました。
さらにこのアルバムでは曲を提供するは、ベースは全曲に渡って益々唸るはで、あまり陽のあたる事のない彼ですが、私は"天晴れ!"と拍手を惜しまないつもりです。例えば1曲目の上がったり下がったりするベースがサイケデリックな雰囲気を醸し出していてグッド!です




最後のコーラスがまるで人間ではなく、機械が発しているような素晴らしいコーラスです。
 今年は夏から一気に冬になってしまった、といったような気候で、Where is Aki?てな所で秋大好きッ子倶楽部会員NO.003の私としては天気の神、許すまじ、感に満ち満ちています。(破壊された日本語)


せめて秋らしい音楽を聴いて失われた秋を取り戻したろうてな訳で

futarikko

ジャケットからして秋です。まさに秋オブ秋。

 エドワーズ・ハンドは....二人組です(見りゃわかる)このデュオの前に二人はピカデリー・ラインと言うサイケポッピーなバンドにいたりしたんですが・・・
こういうデータ的な事を書く事が面倒くさいからあまり好きではないので各自目の前にあるPCっちゅーやつで検索しておくんなましい!ましい!(エコー)

 ジャケが秋なら音も秋です。どうぞ。


1.Banjo Pier
"Pier"なんて見馴染み(創作動詞)のない単語ですね。(埠頭って意味です。埠頭自体もパッとは意味が思いつかないですが)のっぺり顔の二人がなめらかに歌います。バックは割と豪華で英国特有の湿り気のあるストリングスが聴けます。ドラムがロックしていますね。"僕のボートは小さすぎる...そして我が家からはるか遠く"と言うリフレインが頭に残ります。

2.Friday Hill
こんなフルートを聞かされて脱糞しない訳がありません。パンパースが大量に必要になりますよ!このアルバムのバックのストリングス類は大変ジェントルで豊かなフレーズを奏でています。それもそのはず、このアルバムのプロデューサーはジョージ・マーティンなのですから!
よさこいボーイズのプロデューサーの麻亭譲二(まてい・じょうじ)ではありません(誰だ)ビートルズのジョージ・マーティンです!いや~彼の管楽器、弦楽器のアレンジにはまいっちゃいます。"アメリカ"と言うバンドのアルバムもプロデュースしたときも大変素敵なストリングスでした。

3.Episodes,Being The Part
ため息がでてしまうようなメロディー、アレンジ、演奏・・・エドワーズ・ハンドは攻撃の手を休める事はありません。ジョージ・マーティンばかり褒めてしまいましたが、彼らのソング・ライティング力には舌を巻いてしまいます(らせん状に)
特に2:05くらいからの展開には俺は60年代が大好きだーーー!てな具合になります。

4.Close My eyes
ゆたかな詩情・・メランコリィ~!個人的にこのアルバムはゾンビーズのオデッセイ&オラクルに並ぶくらい大好きです。ほんとにジャケット通りの音世界!イギリス好きにはたまらないのです。

5.House Of Cards
曲開始20秒で号泣メロディー&弦楽器&管楽器!最高だ!音楽以外何もいらねえ!金?出世?くだらねえ!
温かく、かつ力強いこのメロディーを聞け!すこし短いのがもったいない!

6.If I Thought You'd Ever Change Your Mind
アルバムの中で唯一のこの人たちが書いた曲ではありません、が違和感全くなし!学校の休み時間、この曲を聞きながらクラスメートを見て、「こいつらに比べて俺はこんな素晴らしい音楽を知っているんだ、何て俺は幸福なんだ!」とか思っていました。さっきから青臭いことばっかり言ってますが私は本当に彼らにマイッテいるのです・・・

7.Characters Number One
アルバムの中間地点と言ったところ。雑踏の音などがコラージュされていて、ウキウキなメロディーも。遊び心がある曲です。

8.Orange Peel
冒頭のエフェクトがかかったアコースティックギターがいいですね~。このアルバムでは一番フォークデュオっぽい曲です。曲名通り曲全体がオレンジ色のフィルターにかかっているような印象です。

9.Sing Along With The Singer
もうね・・・英国好きには青酸カリ並みの致死率の必殺アルバムですよこれは・・・シングルカットするとしたらこの曲かな?力強く前向きな曲です。

10.Magic Car
タイトルがサイケですね。ピアノも軽やかに"僕と一緒に魔法の車に乗ろうよ"なんて歌っています。マーティンは冴えまくりだし、もうすぐ最後の曲なんで悲しくなってしまいます。

11.Days Of Our Life
最後を飾るのは一曲のなかで多彩な展開を見せるこの曲です、ゆっくりと始まり、突如ドラムのフィルインが入り、曲が加速する加速する!ストリングスが盛り上げる!お!またっゆっくりと!管楽器が泣きメロを奏でていますよ!!う~ん!また加速した!ゴージャスだよ!あ~!最高の終わり方だ!いや~本当に音楽っていいですね~!


と言う訳で英国ロック好き、60年代好き、ソフトロック好きを語るなら絶対に聞いていないといけない大名盤です。2ndアルバムもあるのですが、私はまだ聴いていないので聴き次第レビューいたします。




後茶

最近昼は相も変わらず暑いのですが、夜になると涼しい風が吹くようになり、「もうちょっとで立派な秋の気候になれるよ!」と地球君を応援しています。こんばんは。

 さて、今回紹介いたしますは、オランダのサイケポップバンド、アフターティーの編集盤、「NOT JUST A FLOWER IN YOUR HAIR」でございます。
オランダ!オランダと言いますとまず連想するのは、チューリップ、風車。その次くらいに光栄のいやらしゲーム「オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?」が連想されますね(本当か?)ウィキペディアでこのバンドのデータを調べようと思ったのですが、オランダ語で書かれていたので翻訳不可、Mission Failed!ってな具合でしたので、かなーりディープなバンドの情報も載っているAll Musicさんで「After Tea」と検索してみました。すると・・・おっあった!

 アフターティーは1967年にオランダのハーグで結成されたフラワー・パワーバンドである。メンバーは、

      
     Hans van Eijck(キーボード、ギター、ボーカル)
     レイ・フェンウイック(ギター・ボーカル)
     ロブ"ポール"エドワード(バス・オルガン・ボーカル)
     マーティン・ヘイグ(ドラム)

彼らのファーストヒットソングは"Not Just a Flower in Your Hair"で、メンバーチェンジを行いつつも、70年代の初期までバンドは活動した。(Translate by コモ)

明らかに情報不足です。All Musicの中の人の「さすがチューリップランドのオランダだぜ!情報が全く手に入らないぜ!HaHaHa!」てな感じの声が聞こえてきます。(適当)↑のジャケットの誰が誰とかはもちろん解りません。

 データなんぞなくても黙ってそのバンドが奏でる音楽に耳を傾ければいいのです!音楽を通じて理解しあえばOK!と言う訳で中身の方ですが、逆回転とかフランジャーとかそういうギミックは使ってない、ストリングスやオルガンをまぶしたかわいらしいポップな曲が多いですね。そう言う曲の中にモッズテイストを含む曲があったりしたりして全22曲、ゴキゲンに聞けますヨ。演奏もお上手だと思います。





スペンサー・デイヴィス・グループもカヴァーした、「Will Be There After Tea」ロイウッドにも通じるメロディーだと思います。
studio

みんなご存じ(強引)スウェーデンのビートルズことトーゲスさんの67年発表の極上サイケポップアルバムです。

 このトーゲスさん、もう2年くらい前から聞きたい聞きたいと思っていたのですがCDはベスト版しか無く、かつ廃盤になっており高かったので諦めていたのですが、つい最近amazonで検索してみたらこの「Studio」がリイシューされているではありませんか!あんまり嬉しかったのでカートに入れてから注文確定まで15秒程度で済ませて後は届くまでニヤニヤしながら正座で待っていました!(一部誇張)

 さてCDが到着し、30秒でパッケージを引っぺがしてニンマリしながら聞きました。・・・・・素晴らしかったです・・・薄っぺらいドーナツ型のプラスチックにこんな感動が詰まっているなんて・・・音楽 is the most beautiful thing!ブラボー!スウェーデン!心なしかストリングスがイギリスのバンドよりクラシカルな気がする!ブラボー!スウェーデン!イギリスのサイケポップバンドより格調高い気がする!メロディもアレンジも音質もブラボー!トーゲスを足がかりにイギリス以外の60’バンドを攻めていきたいと思います!次は後期トーゲスのメンバーが中心になって結成したと言う「ブロンド」を聞いてみようかな・・・?





ボートラに入っている曲です。ボートラまで名曲が詰まっているこのアルバム、廃盤なる前にいそげ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。